改造したパーツで下取りにだすと金額が下がる?

josijosi

車のカスタムが好きな方は、車の内装を変えたり、タイヤのホイールを変えたりなどなどと様々なパーツを取り付けていますよね。

しかし残念な事に、それらのカスタム車は多くの場合、買取り査定でプラス要素になる事は無いでしょう。 むしろその大半は、純正の状態よりも評価は低いものになると認識しておいた方が精神衛生上は良いかもしれません。

但し、カスタムパーツのままの車両が純正よりも高く売れるケースもあります。 そういった例としてはネットオークションなどの個人取引が挙げられます。 こうした個人間取引の場合には、あなたと同じような趣向の方が注目してくれれば、その方はあなたが掛けたカスタム代を正当に評価してくれるからです。

しかし、通常の中古車を販売する下取り業者というのは、そうした少数の方にしか求められていない状態よりも、大多数が求める状態でなければ早く売る事が出来ません。 車はカスタムパーツを付けて乗るという方は少数派ですから、下取り査定の場合にはそうした趣向が加わった状態はデメリットでしかありません。

またカスタム好きな方だとしても、自分で一から車をカスタムしていきたいと考えている方にとっては、最初から自分の理想とは違うカスタムがされているのは気に入らないでしょう。

ただし、そうした世界観の車に特化した専門の中古自動車ショップなどであれば、ある程度正当な価値で見てもらえる可能性もあります。 ですから、そういった専門店にカスタムカーを持ち込むのも良いかもしれません。

そういった買取店を探すのは時間も労力もかかります。そんな時に役立つのがスマホからでも簡単に査定依頼ができるネット査定です。私も活用したことがありますが、色々な業者が入っておりカスタムカー専門の買取店も中にはあります。

1回の査定依頼で最大10社前後から見積もりが取れるので高く売れる業者をすぐに探すことができます。私は査定サービスの専門的な知識はないので「車のオンライン査定-マジで高く売れる一括買取査定」といったネット査定について説明しているサイトを参考にサービスを吟味すると良いと思います。

 

事故車の買取事情

一般的に、事故車は買い取ってもらえないという風にお考えの方が多いかと思います。

しかし実際にはそんな事はなく、ほとんどの場合買取りを行ってもらう事が可能です。 事故車の多くは、どこが故障しているのかが分かれば、それを直してあげれば元通りに走るという程度の事故が多いです。

ですから、事故を起こしても多くの場合、買取り不能になったりする様な事はありません。 但し、何とか命が助かった様な大事故で車が大破寸前までいったなどという場合には少し状況が異なります。 故障している箇所を直せば走れるというのが事故車の買取りの大原則です。

ですから、これはとても元通りに走るのが難しいというほどの事故や、直せば走れない事は無くても、その修理費に膨大なお金が掛かって割に合わないという場合には買取りを断られるケースというのが出てくるかもしれません。 しかし、軽度の事故車でも、そういった大破寸前の大事故を負った車でも共通して言えるのが、事故車専門の買取り業者を活用した方が良いという事です。

というのも結局の所、ほとんどの買取り業者は自社で持っている査定基準から外れた車の評価を行う事が出来ません。 事故車に関して一切そうしたノウハウを持ち合わせていないという業者は多いのです。 そういった所で査定を行ってしまえば、拒否されるか安値でしか買い取れないという風に言われるのは当然です。

事故車専門の買取り業者なら、事故車販売の実績もノウハウも持っていますから、大破した車両でも今では買取りを行ってもらえます。

中古車を売る時にはメーター改ざんはバレる?

中古車を購入する際に、メーターを改ざんされた車両をだまされて購入したという話は枚挙にいとまがありません。

あなたが通常のドライバーであれば、なかなかメーターの改ざんを見破るというのは難しい事です。 ですから、出来る事というのは信頼ある中古車販売店から自動車を購入するというくらいの事でしょう。 ただ逆にメーターを改ざんした車を中古車買取の業者に持ち込んだ際は、メーター改ざんは見破られるのでしょうか。

これは多くの場合、中古車販売を行っている業者にはメーターの改ざんが見破られてしまいます。 実際、ご自身がメーター改ざんをして車両を持ち込むという事はほとんど無いですが、購入した時から改ざんされていた車両を売ろうと査定に出した所、メーター改ざん歴がある事が分かったという例は多くあります。 しかし、業者はどうやって改ざんを見分けているのでしょうか。

実は、中古車オークション市場のデーターは全国でしっかりとネットワークが出来た状態になっています。 ですから、そこを一度でも流れた事のある車両なら車体番号や走行距離が一度記録されている事になります。 ですからそれを照合し、前回よりも走行距離が減っていた場合に、メーター改ざんが発覚するというケースが多い様です。

また2004年から、車検の際に走行距離が印刷される様になったので物理的に改ざんが難しくなっているという事もあります。

業者が消費者をだますのは簡単な事ですが、その逆はとても難易度が高いので余計な事は考えない方が身の為と言えますね。

買取専門店に車引き渡し後の瑕疵担保責任とは?

自動車の買取り専門店というのは、基本的に自動車のプロが査定を行います。

ですから、業者が消費者に販売する時ほど、状態のごまかしやメーターの改ざんなどが見逃されるという事はありません。 しかし、買取り業者の中にもお粗末な業者もいます。

状態を希望的観測で捉えてしまったり、点検ミスを起こしてしまったりという事もあります。 またしっかりした業者だったとしても、車両を持ち込んだ人間がウソを言えばその場ではすぐには分からない様な事もあります。 そうした際に、瑕疵担保責任という言葉が使われます。 この瑕疵担保責任は、車両を販売する過程で、一般には簡単に発見出来ない様な欠陥がある場合に、売主が買主に対して負う責任です。

少しわかりづらいので噛み砕いて説明しますと、悪い所はすべて売る前に白状しておいてね、という様な意味合いです。 ですから、買取り業者に買い取ってもらった後にすぐにその車両で想定していなかったトラブルなどが起こった際に、この瑕疵担保責任を負って下さい、という様な話になります。 それはあなたが本当に意図的に嘘をついていたとすれが当然ですが、そうでは無い場合でも起こり得ます。 実際に、売る側としては相手はプロだから安心だと思っていたのに、後で状態について瑕疵担保責任を取って何割か返還を求められたり、全額を返せなどという事もありました。

ですから、自動車を販売する側としては嘘をつくと、後で最悪の場合契約が解消される様な恐れもありますから注意が必要です。

査定までに自分でできる車の高額になるお手入れ術

中古車を販売する際、そのままの状態で売ってしまうのは実にもったいない事です。

少しお手入れをしておくだけで、中古車を大切に扱っていたかどうかといった査定業者に対する印象が大きく変わる事になります。 外装に関しては素人ではどうにも出来ない部分も多いですが、内装に関してはご自身で対策出来る事が多々あります。

中でも自動車の査定額に大きく左右するのは車の匂いです。 芳香剤などが好きな方も多いのですが、そういった個人の嗜好が強いものはかえってマイナスにもなります。 またタバコを吸われたりしている場合、匂いが強く残っていると販売出来る方が限られてしまう事になります。 ですから、査定の一ヶ月ほど前からは社内禁煙とし、芳香剤なども置かない様にしましょう。

そして代わりに無臭タイプの消臭剤を置いておき、少しでも車の匂いを取るようにしておくのが理想的です。 またこの期間は換気もとても重要です。 ドアを開けっ放しにして空気の入れ替えを行える時間を多く作る事で、車内の匂いを軽減させることが出来ます。

それ以外にも出来る事はあります。 近年は自動車専用の掃除機も多く販売されていますが、そういった物を使ってしっかりと車内の見えないゴミをとっておきましょう。 それに加えてシートなどにはコロコロを掛けるともっときれいにする事が出来ます。

最後に水拭きをしておくと見栄えが非常に良くなるので、査定の際の印象も良くなりますから、ちょっとした手間で買い取り価格を上げる事が出来ますよ。

車種によって今後の査定額って変わるの?

車種によって査定の結果はそれぞれ違いますが、査定額が下がりやすい車もあれば下がりにくい車もあります。

なぜ車種によってこのような違いが出るのか、そして査定額が下がりにくい車種とはどんな車種なのでしょうか。 これには需要が大きく関係しています。 需要とはつまりどれだけの人がその車種を求めているのかです。

たとえば、販売をすればすぐに買い手が見つかりあっという間に売り切れてしまう車種があるとします。 販売店とすればほうっておいても売れるわけですし、人気があることから販売価格を下げる必要もありません。

高く売れるのなら買取価格も高くできますから時間が経っても査定額が下がりにくいんです。

逆に需要のない車は販売価格を下げないとなかなか売れません。 査定額を高くしてしまうと利益が出せませんから、販売価格の下落に合わせるように査定額も下がっていきます。 このことから査定額の下がりにくい車種は需要がある、人気が高いということが言えます。 しかもその需要や人気が一時的なものではなく、長期間に渡って長く維持されていることが特徴です。

その車にしかない魅力がある、どんな地域や季節でも安定して走ることができる性能を持っている、こうしたことが大きなポイントになるでしょう。 たとえばランクルは長い間査定額があまり下がらない車種として有名です。 逆に今高い人気を持っていても近い将来大幅に査定額が下がる車種もあります。

愛車を売る時には査定額が下がりにくいのか下がりやすいのか、これもしっかりと把握しておくことが大切です。